名古屋コーチンといえば東新町 鳥銀

名古屋コーチンとは

明治30年頃には、「薄毛」はいつの間にか、名古屋から来た鶏「名古屋コーチン」と呼ばれ、味の良さから全国で評判となっていきました。日本家禽協会が、これをはっきりと1つの品種として、「国産実用鶏第1号」を公認したのは明治38年のことです。
大正8年には公式名称が「名古屋種」に改称されましたが、現在でも名古屋コーチンの通称が一般的に使われております。

残念なことに、昨今、名古屋コーチンの産地偽装が取り沙汰されるようになりました。そこで名古屋コーチン普及協会は、愛知県畜産総合センター種鶏場から供給された種鶏から、名古屋コーチン普及協会の会員が名古屋周辺地域で生産した名古屋コーチンの肉・卵だけを、純系名古屋コーチンと呼ぶことといたしました。

東新町鳥銀では、名古屋コーチン普及協会の会員証・取扱店証を提示させていただいており、純系名古屋コーチンをお客様にお出しすることをお約束いたします。弾力性に富み、濃厚な味わいを持つ名古屋コーチンを、是非一度お召し上がりくださいませ。
最初に戻る